【ここ見とけば大丈夫】ソーシャルメディアの検索ワザをまとめてみた

ネットがなかった時代では、情報は書籍か伝聞で取得するしかありませんでした。
ところが現在ではネットが発達し、いつでもどこでも情報を取得できます。

その一方、その真偽を見極める力が必要とされています。 

が、その前にまずは情報にアクセスできないと話にならないので、まずはその方法を知っていきましょう。(ブーメラン)

というわけで、今回はソーシャルメディアに関する検索ワザをメインにお届けします。
※だいたい過去記事への参照になっています。あらかじめご了承ください。

Twitterの検索ワザ

Twitterはもっとも検索に強いソーシャルメディアです。
なので検索オプションもこんなにたくさん!

様々な形式のツイートを検索できるので便利です。
さらに検索に強いので、その利点を使ってソーシャルリスニングなるものもできます。
#ソーシャルリスニング とは

さらに「検索結果を保存したい!」という言葉に応えたツールもあります。
【第2弾】Chrome 拡張作りました【ついすぽ】

Facebookの検索ワザ

Facebookは、検索が最も弱いソーシャルメディアです。
使えないことを説明した記事があるので読んでみてください。
使えないFacebook検索についてまとめてみた

LINEの検索ワザ

LINEはタイムラインでハッシュタグ検索だけができます。
PCからLINEタイムラインでハッシュタグ検索をする方法

あとは、気になるアカウントのホームをブックマークしておいて、いつでも見られるようにするくらいですかね。
【LINE】任意のユーザーのタイムラインをPCでチェックする方法

Instagramの検索ワザ

Twitterほどではないですが、まあまあ検索できます。
Instagramの検索能力を見極めてみた

Yahoo!リアルタイム検索

Twitter、Facebook、Instagramの検索ができると唱われていますが、個人的にはTwitterにしか使えないかと。
そうは言ってもツイート数やグラフなどが簡単に出力されるのは便利です。
Yahoo!リアルタイム検索でできること

Google検索

Googleはソーシャルメディア検索にも強いです。一部ですが使い方を解説してます。
Google先生でソーシャルを検索する方法

おわりに

いま、ソーシャルメディアでの発言にはとても多くの注目が集まっています。

まずは「どんな声があるのか」ということを知るために、上で述べた方法を使ってみてくださいませ。

戦略を立てるのはそれからです。

0 件のコメント :

コメントを投稿