Twitterで日時を指定して検索する方法

今回は、Twitterで日時を指定して検索する方法についてお届けします。

最後に注意点もあるよ!

Twitterで日時を指定して検索する方法

たとえば2017年4月1日から2018年3月31日までにつぶやかれた「デート」という言葉が含まれたツイートを検索したい場合、検索ワードは次のようになります。
デート since:2017-04-01_JST_00:00:00 until:2018-03-31_JST_23:59:59
過去にも取り上げていますが、期間指定には「since:」と「until:」を使います。

JSTは「Japanese Standard Time」つまり日本標準時の略です。

後ろにある23:59:59は、23時59分59秒を示しています。

これらを一般化すると、期間検索するときは次のようなクエリとなるでしょう。
検索したい言葉 since:YYYY-MM-DD_JST_hh:mm:ss until:since:YYYY-MM-DD_JST_hh:mm:ss

注意点

注意してほしいことはふたつです。

ひとつはYYYY-MM-DDの部分。年は絶対4ケタ、月日は絶対2ケタでなくてはなりません。
※最近は2017-4-1みたいな書き方でも動くようですが、やはり避けた方が無難です。

もうひとつは「since:YYYY-MM-DD_JST_hh:mm:ss」の後半、すなわち「_JST_hh:mm:ss」の部分です。

これがなくても動きますが、検索の基準となるのがグリニッジ標準時となり、日本時間で取りたいところがズレできてしまいます。

上の例だと、「デート since:2017-04-01 until:2018-03-31」と検索した場合、検索結果に表示されるのは、日本時間で2017年4月1日8時00分から2018年4月1日8時00分まで発信されたツイートです。

本来欲しかった2017年4月1日0時0分から同日7時59分までのツイートが取得できていなかったり、逆に2018年4月1日0時0分から同日7時59分までの不要なツイートが表示されるといったことになりかねません。

日別ツイート数などを算出するときや、0時0分から始まるキャンペーンへの反響を調べるときは、特にご注意ください。

おわりに

ネットで「Twitter 日時指定 検索」とか「Twitter 期間 検索」などで検索すると、鬼のようにページがヒットすると思いますが、中には誤った情報を記載しているページがあるかもしれません。

どれが正しい情報なのか見極められる力と、正しい情報を見つけられる力が必要とされている気がします。

0 件のコメント :

コメントを投稿