Twitterの検索オプション「from:」の便利な使い方

基本的な使い方

「from:」は、基本的には特定のユーザーから発信されたツイートを検索する目的で活用します。

たとえば「from:afonomics アイコン」と検索すると、こんな風に表示がされます。

「@afonomics」で検索するのと同じ様に見えるかもしれませんが、「@afonomics」だとafonomics宛てのメンションやリプライもヒットしてしまうため、特定のユーザーから発信されたツイートだけを検索する場合は、圧倒的に「from:」がおすすめです。

リプライとメンションの違いについては、後日まとめたいと思います。

組み合わせるとこんな使い方も!応用編

特定のユーザーから発信されたツイートを検索するという場面を少し考えてみましょう。

おそらく「どんなハッシュタグでつぶやいているんだろう」とか「どんな画像を投稿しているんだろう」とか、特定の形式のツイートを引っ張り出したいときがほとんどかと思います。
(もちろん、ただその人のツイートを見たいだけなのかもしれませんが)

そんなときに効率的に検索する方法をいくつか紹介したいと思います。
※アカウントIDは、適宜@以降の英数字に置き換えてください。

リプライを排除して検索

from:アカウントID exclude:replies

リプライだけを検索

from:アカウントID filter:replies

画像・動画だけを検索

from:アカウントID filter:media

○月✕日より前のツイートを検索

from:アカウントID until:2018-02-20_JST

※日付の部分は「YYYY-MM-DD」で記入
※少し誤差があるようなので、検索したい日より1日未来の日付にするとよいです

ハッシュタグツイートだけを検索

from:アカウントID filter:hashtags

おわりに

今回は特定のユーザーから発信されたツイートを検索するための手法をお届けしました。ぜひ、みなさまのネトストにお役立てください。

そしてお気付きでしょうか……冒頭のカエル(frog)と中身の「from」がかかっていることに……!

0 件のコメント :

コメントを投稿