無料だけどめちゃ便利なTwitterツール5選

正月の真っ只中、皆様いかがお過ごしですか。今回はTwitterで使えるツールの紹介です。どれもかゆいところに手が届く素晴らしい一品ですので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

Followerwonk

Followerwonk: Tools for Twitter Analytics, Bio Search and More
無料だけど、すごく多機能なツールです。アカウントの認証はありますが、分析したいアカウントじゃなくてもOKです。

何ができるかというと、基本的にアカウントのツイート・フォロワー・フォローについて、グラフや表などでまとめるのが基本機能ですが、中でも「フォロワーがアクティブな時間帯グラフ」「フォロワーのフォロワー数」は、他のツールで取得できないので要チェックしてくださいね。

主にフォロワーの分析に使うと良いと思います。

DoesFollow

DoesFollow - Find Out Who Follows Whom on Twitter
任意のアカウントが自分をフォローしているかどうか、ということを確認したいときは、自分のIDとパスワードでTwitterにログインして、フォローを確かめたいユーザーのプロフィールページに行ってみればすぐわかると思います。

一方、なんらかの事情で自分がIDとパスワードを知らないAというユーザーを、Bという人間がフォローしてるかチェックしたいとき、これまでであればBというユーザーのフォロー欄をしらみつぶしで調べるしか方法がありませんでした。

が、このDoesFollowを使うと一発でフォローチェックができます。使い方は簡単で、ページ内のテキストボックスに、@以下のユーザーIDを入れるだけ。フォローしていたら「yup」、フォローしていなかったら「nope」が表示されます。

ツールを使うにはTwitterアカウントでの認証が必要なので、なにか適当な捨てアカなどで認証してくださいね。

リツイート直後のツイートを表示するやつ

リツイート直後のツイートを表示するやつ
Twitterであるツイートに対してコメントをしたいとき、いくつか方法があると思います。ひとつは直接リプライを送るだとか、引用ツイートでコメントするだとか。その中に「コメントしたいツイートをRTして、その直後にコメントする」という方法もあると思います。個人的には、リプライや引用RTでコメントするよりも、RTしてからツイートっていう方法でコメントしているユーザーが多いように感じます。日本人らしく奥ゆかしいですよね。

この「リツイート直後のツイートを表示するやつ」では、名前の通り「RT直後のツイート」を収集して表示することができるツールです。

なにか自分のツイートでバズったものがあったら、ぜひ試してもらえたらと思います。

Hubnami

Home | HubNami ハブナミ
Hubnamiは、アカウントをウォッチして定期的にフォロワー数を収集したり、投稿されたツイートを収集してエンゲージメント率を計算してくれたりと、非常に便利なツールです。

フォロワー数についてはTwitterのアナリティクスでも一応取得できますが、フォロワーが急増すると数値がおかしくなるなどの不具合もあり、Hubnamiでウォッチしていったほうが確実かなといった印象です。

無料バージョンでも30日間のデータをCSVでエクスポートすることもできますので、定期的にデータをエクスポートすれば全く支障なく使えると思います!

ついすぽ

ついすぽ
Chrome拡張機能です。このツールをChromeに入れると、ツイートをCSVにしてダウンロードすることができるようになります。

Twitterでの検索結果をCSVに保存して作業したいとき、とあるユーザーのツイートをとりあえずダウンロードしておきたいときなど、ふと思ったときに使えて便利だと思います。ぜひダウンロードしてみてください!

おわりに

最後に宣伝が少し入ってしまいましたが、どれもTwitterライフを便利にするツールばかりだと思います。今回紹介した以外にも便利なツールはきっとあると思いますので、皆さんも探してみてね!

0 件のコメント :

コメントを投稿