ツイートボタンのURLを調べてみた

ウェブサイトやブログによくあるツイートボタン。今回は、このツイートボタンについて、少しお届けします。

ツイートボタンとは

一般にツイートボタンと言われている、あの青地に白地のボタン、Twitter Developerでは「Twitter for Website」に分類されています。

この「Twiter for Website」のページには、その名の通りウェブサイトで利用できるサービスがまとめられてます。

Web Intents - Twitter Developers

Web Intents provide popup-optimized flows for working with Tweets & Twitter Users: Tweet, Reply, Retweet, Like, and Follow. They make it possible for users to interact with Twitter content in the context of your site, without leaving the page or having to authorize a new app just for the interaction.
結構いろんなことができそうですね。今回は、この「Web Intents」っていうページを見ながら進めていきます。

Web Intents

できることをまとめると、次のようになります。
  • Tweet Intents
    • Tweet or Reply to  a Tweet
    • Retweet a Tweet
    • Like a Tweet
  • User Intents
    • Display a User
    • Follow a User
要は、ツイートに関してできることと、ユーザーに関してできることのふたつがあるってことですね。

それではひとつずつ見ていきましょう。

Tweet or Reply to  a Tweet

「ツイートする」というアクションにつなげるためのURLです。

URLのベースは「https://twitter.com/intent/tweet」で、この直後を「?」で繋いで、次のようなオプションを指定する事ができます。

パラメータ詳細
textテキストのこと。UTF-8にエンコードされていて、規定の文字数以下でないといけません。Hello%20World
urlURLのこと。https%3A%2F%2Fexample.com%2F
hashtagsハッシュタグのこと。カンマで区切ると複数入れることができます。nature,sunset
via追加すると、ツイートの末尾に「via @afonomics」みたいに追加されます。そのサイトのTwitterアカウントや作者のアカウントがよく使われてます。twitterdev
relatedアカウントを入れておくと、このボタンを使ってツイートした人に、ツイート後「おすすめユーザー」として表示されるようになるらしいです。twitter%3ATwitter%20News,twitterapi%3ATwitter%20API%20News
in-reply-toツイートのIDを入れると、それへのリプライとしてツイートが作成されます。525001166233403393

Retweet a Tweet

「リツイートする」っていうアクションにつなげるためのURLです。

URLのベースは「https://twitter.com/intent/retweet」で、同じく「?」で繋いでオプションを指定してください。

パラメータ詳細
tweet_idRTさせたいツイートの固有IDのことで、URL末尾の十数桁の数字です。36287294927413248
relatedここにアカウントIDをカンマで分けて記入しておくと、RTしたあとにTwitterが「おすすめユーザー」として表示してくれるかも。twitterapi,twittermedia,twitter

Like a Tweet

「ツイートにいいねする」っていうアクションにつなげるためのURLです。

URLのベースは「https://twitter.com/intent/like」です。あとは「?」で繋いでオプションをRTと同じように設定してください。

Display a User

ユーザープロフィールを見るためのURLです。

参照したいユーザーの@以降もしくは、ユーザーIDと呼ばれる何桁かの数字が必要です。
パラメータ詳細
screen_name参照したいユーザーのアカウントID(@から始まる英数字)の、@を除いた部分です。biz
user_id参照したいユーザーのIDという、裏側で設定されている何桁かの数字です。twitterapi,twittermedia

このページで見られるプロフィールは、普通にユーザープロフィールのURL(twitter.com/id)を見るより、スッキリまとまっていて個人的には好きです。

Follow a User

「フォローする」っていうアクションにつなげるためのURLです。おなじくフォローするユーザーの@以降もしくは、ユーザーIDが必要です。

おわりに

以上ですが、いかがでしたでしょうか。

ちなみに、twitter.com/shareっていうURLからツイートを作成することも可能ですが、少し古いし、intentの方ができることたくさんあるしってことで特に気にする必要はないのかなって感じです。

いまのところウェブサイトに貼り付けるくらいしか活用方法ないですが、もっといろんなところに付くと面白くなるかもですね。それでは!

0 件のコメント :

コメントを投稿